×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生活習慣病:きのこを使ったメニュー

きのこは、非常に低カロリーで繊維質が豊富です。さらに、なんといってもたくさんの薬用成分を含んでいるのです。現代では、健康食品として注目を浴びている食品のひとつです。
 きのこは、1万種類以上もあるのです。一般的に私たちが口にしているキノコは、ごく少数ですが、実際にはとても多くの種類が全世界で食べられているのです。
食べられるキノコといえば、シイタケ、エノキタケ、マイタケ、キクラゲ、ヒラタケ、マツタケ、マッシュルームなどがありますね。
中には、食べられない毒キノコとされているものもありますので、注意が必要ですよ。
きのこの健康効果を知っていますか? そんなきのこの健康効果とは、どんなものなのでしょうか?

++きのこの健康効果++
・抗腫瘍活性
・免疫力向上作用
・抗炎症作用
・血糖値降下作用
・強心作用
・血圧降下作用
・コレステロール低下作用
・抗血栓作用
・抗ウイルス作用
・痴呆症改善作用
・肥満抑制作用
・便秘解消作用
・制癌効果作用
・摂食抑制作用
・食物繊維作用
・骨粗鬆症の予防効果

このように、きのこには、いろいろな健康効果があります。最近では、ガンにも効果があるキノコなどもあるようですが、実際に効果があるかどうか?というのは、信じるしかないのです。食べる人によっては、効果があるないがありますからね。
きのこは、ローカロリーだからこそ、生活習慣病の予防にも効果的な食品のひとつとして、積極的に取り入れてみませんか?

生活習慣病レシピ集にて、今まで紹介しているレシピの他、見やすくまとめていますので、こちらも参考にしてみてください。

きのこのメニュー

++メニューリスト++
・えのきのわさび漬け和え
・きのこの白わいん蒸し
・なめこのおろし和え
・焼きしいたけ
・しいたけのレモンおろし和え

「えのきのわさび漬け和え」

【材料】(2人分)

  • えのきだけ:1袋
  • 三つ葉:4本
  • わさび漬け(市販品):小さじ1
  • しょうゆ:小さじ2/3

【作り方】

  1. えのきだけは、根元を切り落として、湯通しして冷まし、食べやすい大きさに切っておきます。
  2. 三つ葉も根を切り、同じように湯通ししておきます。
  3. ボウルに、わさび漬けとしょうゆを混ぜたら、えのきだけと三つ葉を和えてできあがりです。

 [カロリー:5kcal] [塩分:0.4g] 
わさび漬けを調味料として使うことで、毎日の味に変化があります。

上へもどる


「きのこの白わいん蒸し」

【材料】(2人分)

  • 生しいたけ:2個
  • えのきだけ:50g
  • しめじ:50g
  • マッシュルーム:40g
  • 白わいん:大さじ4
  • 塩:小さじ2/5
  • こしょう:少々
  • パセリ:少々

【作り方】

  1. 生しいたけは、軸を切り落として6等分に切ります。
  2. えのきだけとしめじは、石づきを切り落として、えのきだけは長さを半分に、しめじは小分けしておきます。
  3. 鍋に、しいたけ・えのきだけ・しめじ・マシュルームを入れて火にかけ、すぐに白わいんをふって、ひとまぜしたら、ふたをして蒸し煮します。
  4. きのこがしんなりとしてきたら、塩・こしょうで味付けをし、パセリを盛り付けてできあがりです。

 [カロリー:20kcal] [塩分:1.0g] 
きのこ類は、ローカロリーで、ビタミンB1・B2、体内でビタミンDに変わるエルゴステリンや食物繊維を含んでいます。

上へもどる


「なめこのおろし和え」

【材料】(2人分)

  • なめこ:1/2袋
  • 大根:100g
  • しょうゆ:小さじ1

【作り方】

  1. なめこは、ざるに入れて、熱湯を回しかけた後、流水にあてながら、ぬめりを取ります。
  2. 大根は皮をむいて、すりおろして、こし器に入れて、自然に水気を切ります。
  3. なめこを大根おろしで和えて、しょうゆをかけてできあがりです。

 [カロリー:10kcal] [塩分:0.9g] 
なめこは、使う前に、湯通しするか洗って利用するようにするとよいでしょう。

上へもどる


「焼きしいたけ」

【材料】(2人分)

  • 生しいたけ:6個
  • 大根おろし:大さじ2
  • しょうゆ:少々

【作り方】

  1. しいたけは、軸を切り落としておきます。
  2. ガス台に焼き網をのせて、よく熱し、両面焼き色がつくまで焼きます。
  3. 焼きあがったしいたけに、軽く水気をしぼった大根おろしに、しょうゆをかけてできあがりです。

 [カロリー:5kcal] [塩分:0.3g] 
焼き網にのせるときは、ひだがついてるほうから、先に焼くとおいしい旨味がこぼれ落ちません。しょうゆの代わりに、ゆずやすだちのしぼり汁などでもおいしくいただけます。

上へもどる


「しいたけのレモンおろし和え」

【材料】(2人分)

  • しいたけ:6枚
  • しょうゆ:小さじ2
  • 大根:150g
  • レモン:1/4個
  • ★塩:小さじ1/5
  • ★だし:大さじ1
  • ★酢:大さじ1/2

【作り方】

  1. しいたけは、石づきをとって、焼き網でこんがりと焼きます。
  2. 火が通ったら、手で裂いて、しょうゆをまぶしておきます。
  3. 大根はすりおろして水気を切っておきます。
  4. レモンは、イチョウ切りにします。
  5. しいたけを★の調味料で和えて、できあがりです。

 [カロリー:29kcal] [塩分:0.9g] 
上記の焼きしいたけと同様ですが、味付けが変化することでさらにおいしくなります。

上へもどる

生活習慣病ときのこ料理

きのこは、ローカロリーで、味が強くないので、いろいろな料理に使うことができます。洋風・和風・中華風とどんな料理でもおいしくいただけるのが特徴的です。
きのこは、人間の体内におけるカルシウム代謝に、重要な役割を果たすビタミンDを多く含んでいることから、骨粗鬆症の予防効果が期待されています。さらに、低カロリーでビタミンやミネラルが豊富に含まれていることから、健康的なダイエット効果が期待できるのです。それに加えて、きのこは、食物繊維が豊富です。便秘の予防に効果があります。また、シイタケに含まれている「エリタデニン」という特有成分には、血中コレステロール値を下げ、血流をよくして、血圧を低下させる効果があるのです。きのこ類の多糖類(ベータ‐グルカン)は免疫の活性力を高め、ウィルスに対する抵抗力を示したり、抗腫瘍効果も期待できます。
健康になりたい方々、ダイエット中の女性、これから成人する子供達など、どんな方々の身体にもいい食材ですので、毎日の食生活にとりいれていきましょう。

生活習慣病を知る

生活習慣病の食事

生活習慣病のメニュー

主菜(約250kcal)

副菜(約150kcal)

副菜(約50kcal)

生活習慣病関連メニュー

スポンサードリンク

相互リンク
高齢者の生活習慣病
病気SNS illness
LILA
Slow Life*
LILA〜Cooking Recipe〜
還暦横丁
Kowai Kowai*
怖い話 Blog
スポンサードリンク